ピラセタムの使い方

ピラセタムの使い方

私の使い方

このページではピラセタムの使い方についてご紹介をしていきたいと思います。
特に、使い方は難しくありませんね。

 

1回400〜1,200mgを1日に3回分けて服用するのが基本的な使い方になります。

 

私の使い方
  1. 朝起きて食後に半錠(400mg)
  2. 昼食後1錠(800mg)
  3. 夕食後半錠(400mg)

このようなペースで服用をしています。

 

服用する時は、ピラセタムと水160mlを一緒に飲むようにしています。
コーヒーや牛乳などと一緒にピラセタムを服用すると効果が薄まるとのことです。

 

ピラセタムの即効性の効果

ピラセタムの即効性をもとめるなら、使用開始時から数日間で1錠(800mg錠)を4〜8個服用すると、
高用量摂取になり、より効果を体感しやすくなるとのことです。

 

最大で1日約4,800〜6,000mg(6錠)まで増量可能となっていますが、使い始めの人はどれだけの容量が自分に効果が高いのかを確かめながら使うのが良いと思います。

 

ピラセタムは、そのほとんどが肝臓で排泄されるという特徴を持っているので、肝機能に障害のある人は使用に注意が必要です。

 

 

次のページはピラセタムの副作用