ピラセタムの副作用

ピラセタムの副作用

発症率は低い

ピラセタムは「効果が高く、副作用の低い」安全性の高いスマートドラック。

 

副作用はほとんどなく、あったとしても穏やかで一時的なものになります。

 

ピラセタムの副作用としてまれに不眠、眠気、頭痛、胃痛、興奮などがおこることがあります。
確かに、私も食後にピラセタムを服用して眠気が出るときがあります。
しかし、これは「ピラセタムの副作用で眠気がくるのか?」「食後からくる眠気なのか?」分かりません。

 

そこまで、深く考えるような副作用ではないと思います。

 

ピラセタムとコリントの併用

ピラセタムを単体で服用していると、副作用がでやすくなるそうです。
特にピラセタムの効果が出ているとき、脳内のアセチルコリンを大量に消費してくるので、コリンを併用しないと副作用がでやすくなるそうです。

 

このような場合には、コリン、アセチルコリンを1回服用すれば症状は談話されます。

 

それから、あまりにもピラセタムを過剰に摂取すると記憶障害がおこることがあるの、計画を立てながら服用するようにしましょう。

 

 

次のページはピラセタムの通販で購入