ピラセタムとヒデルギン

ピラセタムとヒデルギン

ピラセタムの効果が5倍に

ピラセタムの効果を5倍も上げてくれるというヒデルギン。
私は、現在はピラセタム単体で服用しているのですが、様子を見てからこのヒデルギンも使ってみようと考えています。

 

ヒデルギンの名前の由来として、ヒデルギンの主成分であるジヒドロエルゴトキシンのスペル(dihydroergotoxine)の下線部をつなげることで、ヒデルギン(Hydergine)と命名されたそうです。

 

ヒデルギンと神経細胞?

ヒデルギンと神経細胞に意味があります。
まず、神経細胞について。

 

神経細胞は、神経伝達物質を生成ための材料になっています。
エネルギーの源になる「ブドウ糖や酸素」をたくさん取り込み、神経伝達物質を放出することで活性化してきます。

 

ヒデルギンの効果として、脳の血の流れを改善して脳へのエネルギーの補給促進して、老廃物排泄を正常化する効果があります。

 

脳内の血の流れをスムーズにすることで、自分の考えを応じられるよう脳血流の循環を改善すること、そして脳の働きを良くするための不可欠なことになります。

 

また神経細胞のタンパク合成を促進し、シナプス形成を助けるので、「長期記憶の定着、ダメージを受けたシナプス回路の回復に役立つ」と考えられています。

 

やはり、勉強などに必要になってくるのが「長期記憶」になるので、記憶力を高めたい人に「ピラセタムとヒデルギン」の併用がオススメになります。

 

ヒデルギンと記憶

ヒデルギンの効果は、記憶力を高めてくれること。
「記憶力が高まる」といっても、記憶の種類にはいろいろありますが、このヒデルギンを用いると、「図や表」などがコピーされるような感覚が強くなります。

 

「画像やイメージ」が頭の中に残りやすくなり、後で思い出そうとしたときに、スムーズに思い出せるようになるんですね。