意識を変えることで集中力も変わるはず

気分を変えるだけでもぜんぜん違うはず

何かの目標があれば、その一つのことに対して、どんどんと入り込んでいくことはすごく素晴らしいことだと思います。その中で、ほんとうに自分がやりたいことを、淡々とやり続けられたらこれ程嬉しいことはなく、脳を活性化させることにも繋がる。途中で集中力が途切れた時、またはより一層学習力を高めたいと考えた時にピラセタムを使ってもいいと思います。

 

だけども、最初はやる気が高まっていたものの、なかなか途中から継続心を持続することができずに、やめてしまう人も少なくないはずです。そんな時はどうしたら良いのかと考えてしまうはずです。

 

そんな時はちょっとしたことなんですが、たとえば通勤や通学のルートを少し変えてみることです。多くの人は決まっていることなんですが、毎日同じ道を歩き、同じ電車に乗って会社に行きますが、帰りはまだ逆のコースを辿って帰る。しかし、もしスランプになってしまった時はいつもとは違う別のルートの電車に乗ってみてはどうでしょうか?

 

なんの意味があるのかというと、今までとは違うようなことをするだけでも、これが以外に大きな要素に変わってきたりするものなんですよね。ほんの少しのことなんですが、実は嬉しいことにつながったりすること。毎日同じルートで会社や学校と家と往復しただけで、毎日のことだけに気分がマンネリ化しやすいので、これでは周囲の風景を見ても、なんの感動もえられないはず。だけど、別のコースを使えば緊張感も生まれるし、いつもは味わえない感動に生まれてくるはずです。