毎日の魚を食べることで脳活性

DHA・EPAで脳の細胞を活発

魚と脳活性

私は頭を良くするために、日々の食生活に毎日魚を取り入れるようにしています。
小さいころは大嫌いだった魚も、毎日食べることで自然と慣れてくるんですね。

 

なんといっても、魚には良質なたんぱくの源であるととともに、ミネラルやDHAなど、健康に欠かせない成分が含まれている。
それから、脳の働きを活発にしてくれる成分もたっぷりと含まれているんですね。

 

魚の主な栄養成分としては、「たんぱく室、ビタミン群、DHA、EPA、タウリン、カルシウム」など。
こうした栄養成分がたっぷり含まれている魚を毎日摂取することで、ガンや糖尿病、脱毛、成人病の予防に効果的。それから、女性の悩みである美肌やダイエットにも効果を発揮。

 

特に私の中で、魚の中でも「青魚」を食べるようにしています。
イワシ、サンマ、ブリ、アジ、サヨリ、トビウオ、etc

 

この青魚には「DHA・EPA」が豊富に含まれてるんです。

  • DHA=ドコサヘキサエン酸
  • EPA= エイコサペンタエン酸

DHA・EPAで体内にある血中のコレステロールや中性脂肪を減少させ、そして、脳の細胞を活発にしてくれるわけです。

 

特に、青魚の中で一番DHA・EPAが多く含まれているのが「サバ」なんですね。
サバは一年中いつでも捕獲されているので、一年中食べることができし、料理法も塩焼や味味噌、刺身、竜田揚げなど簡単に調理できる。

 

しかも、サバは脂肪量が多い魚のために、「DHA・EPAも多く含まれている」わけです。

 

この栄養成分は、脳をはじめとする神経細胞に多く含まれ、脳の発達促進、活性化、機能維持に重要な機能を果たしてくれる。

 

長時間煮込むとDHA・EPAが減少

DHA・EPAがたくさん含まれているサバですが、実は調理法によって摂取できるDHAの量が大きく変化するですね。
私の中では「サバのみそ煮」が大好物なんですが、DHA・EPAの量が普段より少ないというデメリットもある。

 

実は、サバを加熱することで、どんどんDHA・EPAが減少されてしまうんです。その逆に加熱しない刺身だと成分はそのまま。

 

サバだけでなく、魚を料理するときはできるだけ時間を短くすることがポイント。
たとえばサバのみそ煮を作るときも、長時間煮込むのではなく、できるかぎり短時間で作ることが大事。煮込めば煮込むほどDHA・EPAが減少してしまう。

 

でも、私も何度か試したんですが、サバのみそ煮を短時間で作ると味がしみ込まない・・・
そこで、DHA・EPAを残しながらおいしく食べるために、煮汁が冷たい状態から魚を入れて煮込むという方法がいいんだって。

 

最初から、水に酒、調味料を混ぜ、そこにサバを入れて火に掛ける。
まだ蒸発していないアルコール分が、みそ味がしみ込むのを助けてくれるんですね。
短時間煮るだけで、身の仲間で味がしみ込むうえ、DHAを壊すことなく摂取できるということ。

 

 

次のページは脳の疲れをいやす睡眠時間